桐材の新たな名産地 秋田県『雄勝』 桐工芸の技を伝える地 埼玉県『春日部』

農商工連携事業について

この国の優れた素材と匠の技を融合させ桐を使ったモダンライフをプロデュースしていきます。

農商工連携事業として、桐に関わる2つの地域が産業の枠を超えて連携し合い
現代の暮らしが求める新たな桐製品の開発に挑んでいます。
「農」を担当するのは、秋田の雄勝広域森林組合。
秋田県森林技術センターから機能強化の開発支援を得ながら
良質な桐材の量産化に努め、これを埼玉の春日部に供給します。
「工」を担当するのは、厚川産業(株)、春日部桐箱工業協同組合、(株)松田桐箱。
機能強化された桐材を用いて新たな桐製品を企画デザインし、製作していきます。
販路についても、従来の流通ルートに留まることなく、Webや通販の活用を模索。
「商」につながる新しい販売網の開拓に努めます。
これらの連携事業によって、雄勝産秋田桐のブランド化を図ると共に
春日部桐工芸の伝統を守ることができ、さらには
日本における“桐のある暮らしの復活”と“活気ある桐市場の再生”が期待できます。

新しい桐製品を生む農商工連携モデル

ページトップへ